尿管結石

b0250123_5124038.jpg

昨日の朝7時ごろ、右横腹が激痛で目が覚めた・・・
もう、七点八倒な痛みだ。3年ほど前におそらく尿管結石だろうとする痛みとまったく同じ痛みで、一向に治まる余地が無かった。
気が狂うような痛みに耐えかねて、自分で救急車を呼んだ。今の救急車は、自分で呼んだ場合、後回しにされるのだろうか、15分位してから到着した。
うちの家はマンションなのでエレベーターに担架が入らなく、一階に置いていたので、救急隊員に抱えられながら一階まで何とか歩いた。
5年ほど前に右の腕を骨折したのだが、同じ位痛かった。真剣に、生きてるのが嫌だと思ったほどだ。
救急車は思ったより揺れるのでゆれの複同に合わせて激痛がする。
丁度、朝の通勤ラッシュだったので搬送先の病院まで30分くらい掛かった。
ようやく病院に着いたらいきなりおしっこを採らされた。しかも歩きで、こっちはそれどころじゃないんだ!と言いたくなったが、ごねても次に進まないので尿を採取した。
次にレントゲンを撮らされた。仰向けになって一枚。その次に、お尻から痛み止めを入れ、点滴をした。点滴の効能は、尿管を広げる作用があるらしい。
ようやく、激痛から開放された時には、まったく痛みの無い自分に凄く幸せを感じた。もう、あんな痛みは二度と合いたくないと思ってたら、看護士さんが来て、今は痛みは治まってると思いますが、薬が切れたころに、また激しい痛みが来ると思います・・・ちょ、ちょっとー、、脅かさないで欲しい・・・。
ほんと意地悪な看護士さんだなと思っていたら、医師が来て、レントゲンを見ましたが石は映ってませんでした。血液の中に造影剤を入れてレントゲンを撮る必要があります。と言われたので今月27日に検査をして参ります。
親父の葬儀の後、自分もこんな事になるとは夢にも思っていなかったけど、正直、親父が天国に行って天国の幸せが分かったので自分を呼んだのかと思うと、少し嬉しかった。

自宅に帰ってきたらやはり、痛み止めの効果が切れたのか、また激痛に襲われた。もう、体を歪めてもどうにもならない痛みだ。しかし、病院でもらった座薬で痛みが止まった。麻薬のような薬だと思う。
右の背中の腎臓のあたりを触ると痛いのはやはり、胆石に絡む内臓疾患なのか、気になる。
[PR]
by 40ton | 2006-11-23 22:32 | 病気
<< 悪くなくてよかった・・ 間質肺炎の末期症状 >>