<   2006年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

また人工呼吸器

昨日の早朝、病院から一本の電話があった。

息子さんですか?こちら病院ですがお父さんの具合が朝から脈拍が30以下になり呼吸停止状態になって危険な状態です。直ぐに来てください。

僕は母を車に乗せて大急ぎで向かった。
親父の姿は人口呼吸器を着けていて全く意識がなかった。
いつ亡くなってもおかしくは無かった。容体悪化の原因は、体内の二酸化炭素が基準値を遥かに超え、脳に酸素が行かなくなり、昏睡状態になって呼吸停止になったようだ。
あいにく、25日は日曜日で常駐の看護師の人数が普段の1/3ほどになっていた。平日ならもしかしたら発見が早かったかもしれない。
でも親父の回復力は圧倒的で呼びかけに目を覚ますようにまでに戻った。
当然目を覚ますと人口呼吸器を装着した苦しみが待っている。
でも無理矢理目を覚まさなければ、機械で呼吸を任そうとして自分で息をしなくなり、例え人口呼吸器を外しても大丈夫な体力になったとしても外せなくなるらしい。
人口呼吸器は自分のタイミングで息が出来ないので物凄く苦しむ。

普通は余りの苦しさに耐えかねて無理矢理寝てもらう注射を撃つらしい。
親父は昔から人口呼吸器を付けてまで生きたくないとか、延命処置はするなとか元気な頃から言っていた。親父の性格は意思がとても強く一度言ったことは曲げない人なのだがいざとなった時考えは変わっていると思っていたが変わっていなかった。
親父は呼吸のホースが気管支まで刺さっているので話すことは出来なかったが、
何度も首を切れとか、注射撃てとか殺してくれとか手を合わせる仕草をして何度も何度も頼んでいる。
もう見てはいられなかった。
しかもチョット目を放した隙に人口呼吸器の管を無理矢理抜こうとするし、看護師と僕とで必死に止めた。
特にタンが溜って来ると看護師が細いチューブで肺の奥まで差し込むのだがこれは余りの苦しさでみてられなかった。
もう、楽にしてあげたい気持になった。
結局人口呼吸器は親父が意識がハッキリ為ていたために気管支まで差し込みタイプは苦し過ぎる為、一定の圧力だけを送る人口呼吸器に取り替えられた。
こちらの人口呼吸器は喉に管が押し込まれていない分楽だが、高い圧力が一方的に出てきているので空気を吸おうとすると一瞬で肺が満タンになる感じで夜は一睡もできていないようだった。
[PR]
by 40ton | 2006-09-26 22:33 | 病気

親父の状態悪化

最近、ずっと毎日親父を見に病院に行ってるが今日の様子では親父がベットで排便をしていた。
どうしてそこでやっているのかと聞くと、今まで車椅子で便所に行っていたが徐々に立てなくなり車椅子で移動が困難になったと言う。
それでベットで排便をしていたのだ。
でもいっこうに出る様子が無かった。しばらくすると、親父が便所で排便をしたいと言うのだが、誰がどう見ても起き上がれる状態ではなかった。
息はひどく上がり今にも意識が飛びそうな感じで、話す言葉に力が無く、一言一言が分かりにくかった。
酸素濃度は3になっていた。
今まではベットに寝ているときには0.5だった。
そんな状態でトイレに行く事は無理だと言ったがどうしても行きたいというので看護士を呼んで介助をしてもらいながらトイレに挑んだ。
案の定、介助は大変で狭いトイレで車椅子から便座に移動は本当に大変だった。
体には酸素ボンベからの酸素チューブと、気胸の為に手術を受け肺に穴を開けたチューブが2本が出ている。
そのチューブが体から絶対外れてはいけないので慎重に移動をした。トイレでは肺を手術をした後なので気張る事が出来ない上に手術をしてから10日位排便をしてないらしくて、とても苦しそうだった。
案の定、排便をした後は殆ど無呼吸状態になり、白目を向いて意識が飛んでいた。
この時、親父の死を覚悟した。
しかし神が力を貸してくれたのかなんとかベットまで寝かしつける事が出来た。
親父がトイレに行くと言って戻ってくるまで1時間以上掛かった。
ベットに横になった時にはかなり意識ははっきりしていたが、言葉は殆ど聞き取れない状態になっていた。
今親父の状況は、一日一日が本当に大事な日と言えると思う。
明日から朝から晩まで親父の介護に行こうと思う。
飯が自分で食えなくなってしまったからだ。
もう少し妹が近くて子供が大きければ交代ごうたい出来るのだが、それが無理なだけに不安も多い。
どうか神様が親父に力を貸してくださるように祈ろう・・・・
[PR]
by 40ton | 2006-09-24 23:37 | 病気

特発性間質肺炎

手術が無事終わって親父の意識も回復し、人工呼吸器も取り外す事が出来て、よかった。

昨日はおかゆを少し食べたようだ。肺の気胸を抑えるためのチューブを今は肺に刺しているがそのチューブも取ることが出来たらいよいよ退院だ。早くその日が来るといいと思う。
[PR]
by 40ton | 2006-09-17 08:07 | 病気

特発性間質肺炎

昨日、手術を行い取り合えず無事終了した。

親父は人工呼吸器を付けたままだったが、今日のお昼頃に取り外され、自力で呼吸が出来るようになっていた。意識もはっきりしていて、ぼちぼち話す事も出来た。
正直、人工呼吸器が外れないかもしれないと思っていたので、ひとまずほっとした。
あとはICUから一般病棟に戻れる日が来るともっと安心すると思う。
[PR]
by 40ton | 2006-09-15 17:45 | 病気

特発性間質肺炎

昨日は内科の先生と外科の先生から手術についての話があった。

内科の先生からは最悪な事態ばかり話を聞かされた。
両方の肺に気胸が出来ていて、それを手術するのはかなりのリスクがあるという事。
体力が無い分、手術で麻酔を掛けても、眠りから覚めないかもしれない。
肺そのものが非常に硬く、すぐに肺が破けて気胸になる。
普通、気胸の手術は片肺の手術をしながら片肺で息をするというのが基本で、両方の肺を同時にするのは若い人でも相当の体力が必要で、今のお父さんはかなり危険であること。
でも、やらないままではこのまま今の状態が続き、2,3ヵ月後に呼吸不全になる。
実は患者は末期であり、肺が硬くて手術をやっても今以上に回復は望めない。硬いという事は皮膚にケロイドが出来て皮膚に弾力が無いのと同じで肺にも弾力がないと空気の漏れが自己治癒力で回復できないらしい。
もう治る見込みは限りなくゼロに近いから覚悟して欲しいとの事だった。
一方外科の先生では,肺そのものがもろく、いつ破れてもおかしくない肺なので、気胸はどこにでも出来る可能性がある。
手術方法としては癒着手術しかないといわれた。

この方法は、肺の外側の肋膜を剥がして外側の壁の細胞を布のような物でこすり落として癒着させる方法。その癒着力で肺の破れた場所を塞ぐということらしい。
その他、肺にたんぱく質で出来たシートをかぶせ完全にくるんでしまう方法。
手術の成功率はほぼ100%だが、その後の経過はなんともいえないらしい。
もしかしたら、麻酔が全く覚めずに人工呼吸器を外せないかもしれない可能性もある。
その場合、意識がある時、人工呼吸器は非常に本人にとってきつく辛いものなので無理やり寝かす薬を使って楽にするらしい。
それこそ、生き地獄だと思う。どちらにせよ、いまのままでは死ぬのを待ち続けるだけなので、手術を行う事にした。
[PR]
by 40ton | 2006-09-14 22:33 | 病気

悲しい話と嬉しい日

今日は親父の手術の事で呼ばれて病院へ行って来た。
今回の手術は、今現在気胸がある左側の肺と今回出来た右側の肺の気胸をふさぐ手術。
しかし、容易な手術ではないという。
片方の肺だけの場合、もう片方の肺を使って人工呼吸をするらしいのだが、両方の肺ともなると人工呼吸はかなり負担になるらしい。
しかも体重が減ってる分、体力もその分減っている。
主治医は手術をしたとしても成功率はかなり薄い。
もしかしたら人工呼吸器を外せなくなる場合もある。
人工呼吸器は意識がある場合本人にとって凄く負担になる。
無理やり体に酸素を押し込み、無理やり息を吐かせるのである。
人工呼吸器を付けるならいっそう意識がないくらいがいいだろう。
なんだか主治医に最悪な事態ばかり聞かされた。
でも、最悪な事態を覚悟しなければならない。
逆に手術をせずにこのまま放置する方法もあるという。
その場合、突然気胸がひどくなり、肺がぺったんこになり、息が出来なくなってしまう。
結果、非常に苦しむ方向に陥る。
後者は、今現在楽なので、2,3ヶ月命を伸ばす事が出来ても治りはしない。
前者は、リスクがあるけれども、治る見込みは限りなく薄いが、やらないよりは効果がある。
非常に難しい選択肢だ。結果、親父の判断に任せた。
僕的にはリスクを背負ってまで今が元気なならそれで良いじゃないかと思う反面、このままいても、死ぬのを待つだけ。。。。本当に悩んでしまう。
一生に一度の選択肢だ。まるで死刑台に上る日を決断してるようだった。
親父は何が何でも、人工呼吸器を付けて何ヶ月も生き延びるのは嫌だという。
どうかその場合は、人工呼吸器を外してくれと主治医に言うが、今の日本は、患者がいくら延命は嫌だといっても延命治療を外す事は出来ないと言われた。
結局、親父は手術をする方向を選んだ。凄いリスクを背負ってるのにもかかわらず・・・
もしかしたら、後、二日の命、手術の日まで仕事を休んで親父の側にずっといたい・・・。
おとうさん・・・今までほんとに僕たちをかわいがってくれて有難う。
僕は一杯親父に迷惑を掛けたりして親不孝ものだったよ。でも親父の愛は一杯受けたからね。親父、本当に有難う・・・

でも、こんな悲しい事ばかりではない。
今日は母教会の牧師が親父の洗礼を受けさせるために病院に来てくれた。
親父がキリストを信じてくれた日だ。
僕が信仰している神を親父が認めてくれたのだ。
僕がいつも親父に神の事を話してきた証が出来たのだ。
もう、こんなに嬉しい事はない。
僕と親父は天国でまた再会するのだ。家族で僕だけがクリスチャンだったので死後の世界が本当に楽しみにしています。


天の父なる神様お名前を賛美します。僕のお父さんがやっと神様を受け入れてくれた事を本当に感謝いたします。僕の願いをかなえてくださり有難う御座います。どうかお父さんの病気が少しでも治りますように、また、手術が成功しますように、手術によって体の負担がないようにお願い致します。僕にとってお父さんはまだまだ必要な存在です。まだ死んでほしくはないです。どうぞあなたの手でお父さんを癒してください。お願いします。主、イエスキリストの御名によってお祈りいたします。アーメン
[PR]
by 40ton | 2006-09-12 01:08 | 病気

間質性肺炎

昨日の夜、妹の自宅に病院から電話があった。明日、月曜日に兄弟揃って来てほしいとの事。親父がとうとう手術をすることが決まった。体力がないのに手術が可能なのか?今までは気胸が右の肺だけだったが左の肺まで気胸が出来たようだ。片方だけ気胸の場合片肺で息をしながら手術するらしいのだが、両方の肺が気胸となれば恐らく人工呼吸器になるかとおもう。親父は人工呼吸器をつけるのなら死んだほうがいいと以前から言っていた。今週は仕事がバタバタしていて見舞いに行けなかったし風邪も引いていたので親父の顔が見れなかった。俺の親父の寿命はもうないと思う。少しの時間でも親父のそばに居たいのに・・・。自分を責めていた。

天の父なる神様お名前を賛美いたします。神様、どうかお父さんの病気をどうぞ取り払ってください。あなたは不可能を可能にしてくださる方です。どうぞあなたの力でお父さんを癒してください。お願い申し上げます。主、イエスキリストのお名前によってお祈りいたします・・・アメーン
[PR]
by 40ton | 2006-09-10 17:02 | 病気

間質性肺炎

とうとう親父が月曜日に手術をすることになった。現在の体重は35キロ。見た目は骨と皮だけになっている。手術をするだけの体力があるのか凄く心配しています。俺が風邪を引いているために見舞いにいけないのが辛い。間質肺炎患者に風を移すと間違いなく亡くなってしまう。こんな時に自分が風邪を引くなんて腹立たしいです。
[PR]
by 40ton | 2006-09-09 20:59 | 病気

間質性肺炎

僕の親父は間質性肺炎で今年の2月4日に入院し3月4日に退院、そして5月に再び入院、現在も入院中です。
間質性肺炎の初期症状としては、今から5年ほど前から、空咳をしていた事です。毎日、理由もないのに咳が一日に2回ほど出ていました。咳が出だしたら5分間程続いていました。初めの頃はただの風邪だろうと本人は言っていました。でもその症状を1年程ほったらかしにしていました。さすがに1年も風邪が引いてるわけでもないのに咳が出るのはおかしいと重い腰がやっと動き出し、病院に行きました。中規模程の総合病院でしたがレントゲン、血液検査をしましたが、原因不明の咳だということで、咳止めをもらいました。しかし、その薬を服用していても、咳が止まることはなかったですが、また1年程様子見ということでほったらかしにしていました。
しかし、徐々に、咳の頻度が多くなり、本人も苦しそうにしていたので、肺専門の国立病院に診察に行きました。すると、CTの結果、肺がポコポコ大きな丸い円がありました。丸い円には肺の組織はなく、何もない状態でした。肺全体が白く雲が掛かったように見えました。もしかしたら間質性肺炎の疑いがありと診断されました。
親父は若い頃から胃が弱く、今までこの方、ずっと胃ばかりを気にしていました。もちろん、健康には気遣い、早寝早起き、食事も、毎日沢山の野菜サラダを食べていました。(うちの家族がベジタリアン家族)親父はいつもワシが病気で死ぬ時は恐らく胃ガンだと思い込んでいたようで、そのほかの臓器には全く自信があったようでした。体系は身長166センチ体重42キロ、がりがりタイプです。健康ランドや銭湯などによく行きましたが、親父ほど痩せてる人滅多にお目に掛かる事はいです。
主治医は間質性肺炎を調べるためにも、一度、肺の中に管を通して見る事が必要ですと言われたので肺に管を通して見たのですが結果的には間質性肺炎かどうかわかりませんでした。
結局、病名を知るためには切開手術が必要だと言われました。やり方としては、あばら骨を外して、切開手術をすると言う事と、もう一つは、背中と横腹と、お腹に3箇所の穴を開けて、マッジックハンドのような物で画面を見ながら肺の細胞を採取する方法とがあると言う事でした。でも、原因が分かるだけで治る病気ではない、あくまで現状維持と言う事で、病名を知るためだけに手術するのはどうかとと言う事になり、結局、現代医学の力を借りずに幻の薬と言われている紫イペの力を借りる事になりました。紫イペはいろんな難病に効くのです。それと、核酸というコラーゲンです。核酸で実際に間質性肺炎が治ったという方がいらしたようでこれはあくまでも人伝なのですがこの二つを大量に摂取しました。
しかし、この病気に打ち勝つ事は出来ず、症状はますます悪くなり、座っている体勢からトイレに行くだけで息切れが発生していました。そして、再び入院。レントゲン結果では気胸が出来てしまい、さらに息がしにくい状態になりました。このままでは気胸がさらに大きくなり、肺がペッチャンコになって息が出来なくなる恐れがあると言う事で、手術をすることになりました。手術と言っても簡単なもので、処置室で出来るようなものでした。時間は15分ほどで終わり、肺にチューブが刺さっていました。親父は全く苦しい様子でもなく、むしろ手術前のほうが苦しそうでした。
[PR]
by 40ton | 2006-09-08 23:39